本と穏やかな暮らし

読んだ本についての感想や暮らしのこと、映画やお出かけのこと等、色々綴っています。

2021年5月読書記録

f:id:chihiro0203:20210331135116p:plain

 

多忙のため、ブログ更新が滞っていました(;´Д`)

遅くなりましたが、5月の読んだ本のまとめをしたいと思います。

 

 

 

読んだ本の冊数

 

今月読んだ総冊数:7冊

 

 

 

 

読んだ作品一覧

 

・『八月の銀の雪』 伊予原 新

・『注文の多い料理小説集』 柚木 麻子 伊吹 有喜 他

・『オリエント急行殺人事件』 アガサ・クリスティー

・『土曜日は灰色の馬』 恩田 陸

・『ミッテランの帽子』 アントワーヌ・ローラン

・『「ない仕事」のつくり方』 みうらじゅん

・『とわの庭』 小川 糸

 

 

今月のベスト作品

 

『オリエント急行殺人事件』 アガサ・クリスティー

 

 

 

言わずと知れた不朽の名作。

 

とはいえ、実は私はちゃんと読んだことがありませんでした。

 

あまりにも有名な作品ですし、映画化にもなっているので、なんとなくの話の流れと結末は知っていたのですが、改めて文章で読むと面白い。

流石、現代でも色あせないミステリー小説だなと思いました。

登場人物の多さと時間軸さえしっかりと把握出来れば、ワクワクすること間違いなしです。

 

たまにはこういう名作を読むのも良いですね。

 

 

小川糸さんの『とわの庭』もとても良かったので、これは後日記事として書きたいなと思います。

 

 

 

まとめ

 

5月はミステリー小説からエッセイと、幅広いジャンルを読むことが出来ました。

恩田陸さんのエッセイを読むと、著者の今まで読んできた本の紹介やオススメ本などがたくさんあって、読みたい本が増えました。

読みたい本が増えるのに、なかなか消化しきれないのが悩ましい・・・。

 

6月は、ちゃんと読書の時間を確保したいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村