本と穏やかな暮らし

読んだ本についての感想や暮らしのこと、映画やお出かけのこと等、色々綴っています。

【いざ、本の世界へ!】|『この本を盗む者は』 深緑 野分

f:id:chihiro0203:20210308141557p:plain

 

今回読んだのは、深緑野分さんの『この本を盗む者は』。

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ


本の町「読長町」で父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めている。本好きにはたまらない町だが、深冬は本が好きではない。

入院した父の代わりに御倉館に居ることになった深冬は、ある日、御倉館から本が盗まれた現場に遭遇する。

すると本の呪いが発動し、街は物語の世界に姿を変えていった。泥棒を捕まえない限り世界が元に戻らないと知った深冬は、泥棒を捕まえるため、様々な本の世界を冒険していくことになる。

 

 

印象的な言葉

 

無性にすかすかする胸を埋められるのは、本しかなかった。

あの冒険、魔法にかかった世界を駆け回った経験がどうにも恋しい。

『この本を盗む者は』(KADOKAWA) 深緑 野分 より

 

 

 

 

感想

 

深緑さんは、『ベルリンは晴れているか』しか読んだことがなかったのですが、全然タイプが違う内容だったのでびっくりしました。

『ベルリンは晴れているか』が歴史小説みたいだったけど、本作は真反対の空想小説のようでした。

 

 

内容は、物語の世界へと街や人が変わり、その世界を元に戻すために主人公が奔走するというお話。

叔母はよく寝ている変わった人だし、呪いが発動したら謎の少女が現れて一緒に犯人探しをするし、世界が変わったことを知っている女性が現れたり・・・と、とにかく謎だらけの登場人物たちが出てきます。

そこがどう明かされるのかが鍵になっています。

 

ただ、設定自体は面白かったけど、私にはあまり合わなかったかな・・・。

物語のスピード感と私の読むスピードが上手く嚙み合わなくて、ちょっと読み辛かったです。

途中で中だるみがあって、一気読みとはいきませんでした。

もうちょっとワクワク感とかが欲しかったかも。あっけなく感じてしまいました。

あとは、とにかく主人公の深冬を最後まで好きになれなかったのも要因かも。

深冬の考えや行動とかが「なんか違うなぁ~」と違和感ばかり覚えてしまいました。

 

 

ですが、そんな中で一番惹かれたのは、この本の舞台になっている本の町「読長町」という場所。

公式HPには読長町MAPというものがあり、そのMAPを見ているだけで私もそこに行きたくなりました。

本屋さんに古書店にブックカフェ・・・最高です(笑)

 

 

 

終わりに

 

私にはあまり合いませんでしたが、設定自体はとても面白かったです。

冒険ものやファンタジーが好きな人にオススメの一冊だと思いました。

著者の次の作品に期待したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村