本と穏やかな暮らし

読んだ本についての感想や暮らしのこと、映画やお出かけのこと等、色々綴っています。

【声なき声を聴くために】|『52ヘルツのクジラたち』 町田 そのこ

f:id:chihiro0203:20210223230815p:plain

 

今回読んだのは、町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』。

 

 

 

☑本屋大賞ノミネート作品(2021年)

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

幼い頃から家族の問題を抱え、心に深い傷を負った貴瑚は、大分県の海沿いの町に引っ越した。田舎特有の噂の回る早さに辟易したときに出会ったのは、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年だった。

自分に似ている少年をほっておくことも出来ず、優しく接する貴瑚。

母に愛されず孤独だった2人が、人と交わることで生まれてくる感情にとまどい、翻弄されながらも、必死にもがいていく感動の物語。

 

 

印象的な言葉

 

 どうか、その声が届きますように。

 優しく受け止めてもらえますように。

 わたしでいいのなら、全身で受け止めるからどうか歌声を止めないで。わたしは聴こうとするし、見つけるから。わたしが二度も見つけてもらえたように、きっと見つけてみせるから。

 だから、お願い。

 52ヘルツの声を、聴かせて。

『52ヘルツのクジラたち』(中央公論新社) 町田 そのこ より

 

 

 

 

感想

 

とても良い本でした。

本作は「児童虐待」がテーマとなっており、可愛い表紙からは想像できないほど、重たい内容となっています。

 

 

私自身は虐待された経験がなく、また周りからもそういう話を聞いたことがないので、主人公や少年に自分を重ねたり、彼らのことを完全に理解することは出来ません。

それでも猛烈に感情移入してしまった自分がいました。

特に母親と義父に搾取されてきた貴瑚が、アンさんに救い出されるところは胸が熱くなって苦しかったです。

 貴瑚はただ母親に愛されたかっただけなんですよね・・・。愛されたかったから辛いことも全部我慢した。そしてそれが積み重なって心が疲れちゃったんだと思うと、アンさんがいなかったら貴瑚は衝動的に死んじゃっていたのかもしれない。

20歳を超えても親に縛られていて、それが自分ではわからないというのは一種の洗脳に近いように思いました。

DVもそれに近いっていうことも聞きますし・・・。

 

 

虐待だけなく、トランスジェンダーとしての葛藤や愛する人の死、など読んでいて辛い内容だったけれど、最後はアンさんからキナコ、そして愛に想いは繋がっていくところはとても感動しました。

52ヘルツのクジラの声は届いたんだよ、良かったねってキナコにもアンさんにも愛にも言ってあげたいです。

 

 

 

 

52ヘルツのクジラとは

 

他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。

たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない――

 

52ヘルツのクジラたち|特設ページ|中央公論新社 より抜粋

 

 

 

終わりに

 

昨今の社会問題に切り込んでいくテーマだったので、他人事ではないとひしひしと感じました。

昨年の本屋大賞で大賞を獲った『流浪の月』のように、社会問題を提起した作品が最近では注目されているのかなと思います。

アンさんみたいな行動力が私に出来るのかは分からないけれど、私も52ヘルツのクジラの声をちゃんと聞ける人になりたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村