本と穏やかな暮らし

読んだ本についての感想や暮らしのこと、映画やお出かけのこと等、色々綴っています。

読んで良かった本 BEST5【2020年】

f:id:chihiro0203:20201208090813p:plain

 

今回は2020年のまとめとして、読んで良かった本を5冊紹介したいと思います!

(本当はBEST3にする予定でしたが、選びきれず・・・)

 

ちなみに、2020年に読んだ本の冊数は123冊でした!

平均すると月10冊ぐらいですね。

全然読めなかった時期もあったので、120冊越えが出来たのは良かったかな。

 

 

※今回選んだ本に順位はありません。

 

 

➀『流浪の月』 凪良 ゆう

 

 

 

 

www.chihirobook.com

 

 

 

 

②『あの本は読まれているか』 ラーラ・プレスコット

 

 

 

 

 

www.chihirobook.com

 

 

 

③『メインテーマは殺人』 アンソニー・ホロヴィッツ

 

 

 

 

www.chihirobook.com

 

 

 

④『革命前夜』 須賀しのぶ

 

 

 

 

www.chihirobook.com

 

 

 

⑤「未来を書く」ことで、どんどん夢は実現する 本田 健

 

 

 

www.chihirobook.com

 

 

 

 

 

感想

 

悩みに悩んでこの5冊に絞りました。

最初に10冊ほどに絞った段階では、海外勢が半分以上を占めていました(笑)

選んだ基準としては、基本は近年の発売された本にしてみようかなと。

ただ、『革命前夜』だけはどうしても入れたいなと思ったので、特例で入れちゃいました(笑)

 

ファンタジーも入れたかったんですが、ファンタジーはどうしてもシリーズ物ばかりなので飛び抜けて良い作品というものはなかったので、今回は選びませんでした。

もちろんどれも面白かったんですけどね。

 

 

皆さんのベストは何ですかー?

 

 

 

 

来年も素敵な作品にたくさん出会えますように!!