千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や絵画鑑賞、暮らしのことも

【魔法版 『ブリジット・ジョーンズの日記』】|『ニューヨークの魔法使い』 シャンナ・スウェンドソン

f:id:chihiro0203:20200714101652p:plain

 

今回読んだのは、シャンナ・スウェンドソンさんの『ニューヨークの魔法使い』。

(株)魔法製作所シリーズ第1弾です。

友人にオススメされて読んでみました。

 

 

 

 

 

 

『ニューヨークの魔法使い』のあらすじ

 

ケイティはテキサス出身のニューヨークで働く平凡な女の子。上司のヒステリックに耐える毎日で心が疲労困憊中。

そんな中、とある会社からケイテイにオファーが届くのだが、話を聞いてみたところ衝撃の事実を知らされる。それは、この世界には魔法が存在していて、ケイテイは魔力を一切持たないとても貴重な存在であり、この会社に必要不可欠だということだった。ケイテイは半信半疑ながらもその会社に入社することを決意し、魔法の世界を知っていく。

仕事に恋に大忙しの、魔法版『ブリジット・ジョーンズの日記』がここに開幕。

 

 

『ニューヨークの魔法使い』の印象的な言葉

 

ニューヨークは実に変わった街だ。でも、どれほど変わっているかということを、ほとんどのニューヨーカーは知らない。

『ニューヨークの魔法使い』(東京創元社)シャンナ・スウェンドソン

 

 

 

 

『ニューヨークの魔法使い』の感想

 

キャッチフレーズの「魔法版『ブリジット・ジョーンズの日記』」は確かにその通りだなと思いました!

ポップでキュートでコメディ要素もありつつも、しっかりと仕事のことも描かれていて(今回は知的所有権のことでした)、元々アメリカのティーンズ小説が好きな私はこういった明るい雰囲気の物語は大好きです。

それなりにボリュームがあるので、読み終わるには時間がかかりますが・・・。

 

海外ドラマの「アグリー・ベティ」にも雰囲気似ているかも。大きく違うのは魔法があるかどうか。

お仕事小説に魔法の要素が加わるとめちゃくちゃ面白いです。

しかも主人公の設定が「魔力を一切持たない」というのが最高です。

大体主人公って強力な魔力を秘めてるという設定が多いのに(笑)

 

恋愛に関しては、オーウェンとイーサンのどちらかと良い雰囲気になりそうな予感です。

アメリカのドラマって思いもかけないところから男性とハッピーエンドになるので、もしかしたら今後は違う男性が登場するのかな・・・?

 

最後には魔法を悪用する奴が出てきたりして、続きがとても気になります!

 

 

ふと、学生の頃に大好きだった『プリンセス・ダイアリー』シリーズを思い出しました(笑)

内容は全然違うけど(笑)

 

 

 

終わりに

 

この(株)魔法製作所は9巻まで発売されていて、2020年1月の発売をもって完結となったみたいです。

一気読みをするかどうか悩みどころですね(笑)

 

 

 

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村