千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や絵画鑑賞、暮らしのことも

【文学の力で人々の意識を、そして世界を変える】|『あの本は読まれているか』 ラーラ・プレスコット

f:id:chihiro0203:20200713105526p:plain




 

今回読んだのは、ラーラ・プレスコットさんの『あの本は読まれているか』。

発売前からずっと気になっていた本だったので、発売日から少し経ってしまいましたがようやく読むことが出来て嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

『あの本は読まれているか』のあらすじ

 

時は冷戦時代。

ロシア移民のイリーナは、CIAのタイピストの求人に応募したところ見事合格。

実は上層部がイリーナの才能を見込んで、表向きはタイピストとして働き、裏では諜報員としてとある特殊作戦のメンバーに抜擢したのだ。

その特殊作戦とは、「ドクトル・ジバゴ」作戦。

狙いは、共産圏で禁書となっているこの小説をソ連国民の手に渡し、ソ連の現状を知らしめること。

文学の力で人々の意識を、そして世界を変える。

そんな危険な任務に挑む女性たちの物語。

 

 

『あの本は読まれているか』の印象的な言葉

 

わたしは名前のない番号ではありません。

わたしはどこかに消えたりはしません。

『あの本は読まれているか』(東京創元社) ラーラ・プレスコット

 

 

 

 

『あの本は読まれているか』の感想

 

まず迷ったのが、この小説のカテゴリをどこに分類するかということでした。

スパイ小説ではあるものの、どちらかというと愛に生きた女性達を描いた作品でもあるなと思ったので、今回は恋愛小説にしました。

 

あらすじでは上手く説明出来ませんでしたが、この小説は西側と東側の物語が交互に描かれており、女性の視点を軸に物語は進んでいきます。

一人目がイリーナ。美人だけど目立たないようにしている女性。素質を見抜かれ、CIAの諜報員になります。

二人目がサリー。CIAの非常勤受付嬢の一方で、実はCIAの諜報員。イリーナを訓練する上司。実は同性愛者であり、そのことでサリーは苦しむことになります。

三人目はオリガ。『ドクトル・ジバゴ』の著者であるボリスの愛人。愛人がゆえにソ連上層部から目を付けられ、一度収容所に入れられます。

そして特に面白かったのが、CIAの女性タイピスト達。ただのタイピストでありながら、CIAの内部のことを知っており、新人のイリーナの様子を伺います。しかもそれを外部に漏らしません。

 

強かで、情熱的で、決して秘密を洩らさない彼女たちにとてもドキドキしました。

女性たちの生まれた時代と場所、生まれつきの才能と嗜好に抗って戦う様はとてもカッコよかったです。

 

今では考えられませんが、当時は一冊の本で世界を変えることが出来たというのは凄いですよね。

言葉の持つ力というものがいかに大きいのかがよく分かります。

 

 

 メモ

 

  • 「ドクトル・ジバゴ」作戦は実際にあったもの
  • ソ連からの圧力によりノーベル賞辞退という流れも実際にあった出来事
  • 近年、CIAが機密文書を公開。そこに黒く塗りつぶしてあったところを、作者のラーラ・プレスコットさんが想像して書いたのがこの『あの本は読まれているか』らしい

 

 

 

終わりに

 

評判通り、とても良かったです。ただ、スパイ小説だと思って読むと、アクションシーンがあるわけでもなく物足りないかもしれません。

実際にあった出来事を織り交ぜながらフィクションとして作り上げているのは単純に凄いなと思いました。これでデビュー作なんですよね。

折角なので、『ドクトル・ジバゴ』の小説と映画を手に取ってみたいなと思います。

 

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村