千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や絵画鑑賞、暮らしのことも

夏の文庫フェアが開催!

f:id:chihiro0203:20200713105548p:plain



 

小説好きな人や書店員さんにとって夏の一大イベント、夏の文庫フェアが開催されました!

 

夏の文庫フェアとは?

 

毎年夏に日本中の書店にて集英社、角川書店、新潮社の3社が文庫フェアを開催。

各出版社は名作を100冊ずつ厳選。

さらに近年では、読者プレゼントを用意したり、有名漫画家さんによるイラストをあしらった新装カバーを企画したりと、毎年趣向を凝らしています。

 

書店に行けば大きく展示されているので、すぐに目に留まるかと思います。

 

今年の夏の文庫フェアはどのようなものなのか、出版社ごとに見ていきましょう!

 

 

 

 

集英社

 

集英社が行っているフェアは、通称「ナツイチ」と呼ばれています。

 

bunko.shueisha.co.jp

 

 

管理人が過去に読んだことがある作品(出版社問わず):10冊

 

「ナツイチ2020」PR動画

 


ナツイチ スペシャルムービー「よまにゃ、強さを知る」

 

 

 

プレゼント企画

全国の参加書店でナツイチ対象文庫を一冊買うと、その場でブックバンドを貰うことができます。

ブックバンドは全4種類。無くなり次第終了となります。

 

 

 

 

角川書店

 

角川書店が行っているフェアは、通称「カドフェス」と呼ばれています。

 

kadobun.jp

 

 

管理人が過去に読んだことがある作品(出版社問わず):25冊

 

 「カドフェス2020」PR動画

 


角川文庫の夏のフェア「カドフェス2020」PV

 

 

 

 プレゼント企画

カドフェス対象作品を購入すると、抽選で豪華賞品が合計500名様に当たるプレゼントキャンペーンに応募することができます。

 

 

新潮社

 

新潮社に関しては特に名称はなく、「新潮社文庫の100冊」となっています。

 

100satsu.com

 

 

管理人が過去に読んだことがある作品(出版社問わず):31冊

 

 

 

 

プレゼント企画

新潮社文庫の100冊の対象作品を購入すると、「キュンタうちわ しおり」を貰うことが出来ます。

「キュンタうちわ しおり」は全4種類。無くなり次第終了となります。

 

 

 

管理人の感想

 

今年はカドフェスが映像化作品のラインナップが多く、人気・注目作が揃っているなという印象でした。

ナツイチは読んだことがない作品ばかりでした。

最近は東京創元社を多く読んでいて、集英社の本は読んでなかったかも・・・。

新潮社は過去に100冊チャレンジをしたことがあるので、読んだことがある作品が3つの中では一番多いですが、それでも全体で見ると少ないですね。(チャレンジは70冊ぐらいで断念してしまいました・・・)

 

 

個人的に勝手に思っているのが、読みやすくて比較的ライトな内容が多いのがカドフェスで、反対に新潮社は難しい内容が多いイメージ。

その中間がナツイチかな、と。

出版社の特徴が見えやすいのも文庫フェアならではですね!

 

私は今年の文庫フェアでの100冊挑戦はしませんが、各出版社で最低1冊は買おうか検討中。

出版社を問わず、原田マハさん、米澤穂信さん、森見登美彦さんの作品は読みたいな~。

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村