千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や美術館、ライフスタイルのことも

【ダンディな心霊探偵と美人助手が怪異に立ち向かう】|『濱地健三郎の霊なる事件簿』有栖川 有栖

f:id:chihiro0203:20200531211211p:plain

 

今回読んだのは、有栖川有栖さんの『濱地健三郎の霊なる事件簿』。

 

 

 

 

 有名なミステリー作家さんなのですが、私は今回初めてこの著者の作品を読みました。

勝手なイメージで堅い文章なのかと思っていましたが、意外と読みやすかったです。

 

 

 

 

 『濱地健三郎の霊なる事件簿』のあらすじ

 

心霊探偵、濱地健三郎という男は年齢不詳の紳士であり、不思議な雰囲気を醸し出している。

そんな彼の元には今日も心霊現象に悩む人々が訪れる。

似顔絵を描くことが得意な美人助手のユリエとともに、濱地健三郎は様々な怪事件を解決していく。

 

 

『濱地健三郎の霊なる事件簿』の印象的な言葉

 

「霊的な能力を持つことは不幸なんですか?」

 (中略)

「人間の心の暗部を覗いてしまい、ぞっとすることがあったとしても絶望しなくていい。その反対に、時として人間の思わぬ気高さを垣間見ることができるんだよ。視えるのは幸福でも不幸でもなく、単に世界が誇張しただけだ」

『濱地健三郎の霊なる事件簿』(角川書店)有栖川 有栖 より

 

 

 

 

『濱地健三郎の霊なる事件簿』の感想

 

心霊探偵が主人公ということで、基本的には幽霊や心霊現象に関する事件ばかりが出てきます。

どの事件についてもちゃんと謎解きがあるので、ホラーというよりかはミステリーに分類して良いと思います。

実際、私はホラーが苦手なのですが、そんな私でも普通に読むことが出来ました。

『心霊探偵八雲シリーズ』や『medium 霊媒探偵城塚翡翠』に似ていると言ったら分かりやすいのかな。

探偵が物腰柔らかな紳士ということで、上記2作品に比べると落ち着いた印象を受けました。30代にも見えるし50代にも見えるという謎の人物なのですが、私個人的には50代のおじ様であってほしいと思っています(笑)

 

基本的には助手のユリエ視点で物語は進んでいきます。

最初は依頼人の視点から彼女は登場するのですが、クールで無口な美人助手という感じに描かれていました。

いざユリエ視点になると、24歳の明るく良い意味で平凡な女性だということが判明。(似顔絵は引くほど上手いという才能はあります)

人は見た目が9割だなんて言いますが、実際はしゃべってみないと分からないと思いました。

 

この作品は短編集なので前後の話のつながりはなく、スキマ時間に読めるのが良かったです。

実際、とても読みやすくて面白かったです。

この作家さんに対しては、勝手に堅いイメージを付けて敬遠をしてしまっていた節があったので、何でもまずは読んでみないといけないなと反省しました。

食わず嫌いならぬ、読まず嫌いをなくします!

 

 

終わりに

 

こちらはシリーズ物となっていて、2巻が今年発売されました。

とても面白かったので、この本を読んだ後にすぐに2巻を読みました(笑)

また近いうちに2巻の感想もアップします。

 

 

 

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村