千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や絵画鑑賞、暮らしのことも

『ノッキンオン・ロックドア』 青崎 有吾

f:id:chihiro0203:20200713113731p:plain



 

今回読んだのは、青崎 有吾さんの『ノッキンオン・ロックドア』。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

不可解担当の氷雨と、不可能担当の倒理の2人が構える探偵事務所がある。
有名な画家が密室で死んでいたり、開かない金庫の扉の解除に奔走したりと、様々な事件にそれぞれの得意分野からアプローチをしていく二人。
そんな彼らが織り成す連作短編集。

 

 

 

印象的な言葉

 

「解けない謎なんて、腐るほどあるよ」

     『ノッキンオン・ロックドア』(徳間書店) 青崎 有吾 より

 

 

 

感想

 

最近、ミステリーの連作短編集にハマっています。
探偵二人の会話のテンポが良くて、あっという間に読めました。
三浦しをんさんの『まほろ駅前多田便利軒』に似ているかも。
主要人物が美男美女で有能な人ばかりで、お腹一杯かと思いきや、そんなこともなく皆魅力的です。
アニメ化になりそうなキャラクター設定でした。
内容としては、まぁよくある事件ものといいますか、比較的ライトだったかなと思います。(殺人事件が多いですが)
短編集なので大掛かりなどんでん返しはありませんが、所々読者の予想を裏切ってくる展開があるので、どの話もドキドキしながら読めました。
この一冊を通じて、倒理の過去には何か訳アリの描写が出ていて、結局明かされないままだったので「もしやシリーズ物か・・・?」と思って調べたら、やっぱり2作目がすでに刊行されていました。

早速図書館HPにて予約ボタンをクリック。

 

 

 

終わりに

 

連作短編集の良い所は、基本的に一話完結型なのでその話を読み終われば一旦本を置けるところですね。
長編ミステリーだと日にちを開けると忘れたりしてしまうし、犯人が早く知りたいので、一気読みしたいのでまとまった時間が必要です。(私だけでしょうか)
短編と長編を上手く組み合わせながら、これからも本を読んでいきたいなと思います。

 

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村