千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や絵画鑑賞、暮らしのことも

『マクベス』 シェイクスピア(訳 安西徹雄)

今回読んだのはシェイクスピアの『マクベス』。

 

 

 

 

あらすじ

 

マクベスは王からの信頼が厚い豪胆な将軍であった。しかし、3人の魔女が彼の前に現れ、将来王になると予言をしたことで、次第に野心にかられることに。夫人もマクベスを唆しついには王の暗殺をするが、その後も自分の地位を失う恐怖から、次々と罪を重ねていく。

 

 

印象的な言葉

 

魔女たち:「こいつの目玉に見せてやり、こいつの心を苛んでやれ!出てこい、影のように。そして消えてけ、影のように」

 

 

 

感想

 

シェークスピアの四大悲劇の一つ「マクベス」。恥ずかしながらシェークスピアの作品は読んだことがなく、この年になり、ようやく読むことになりました。

古典文学かつ戯曲ということで、最初は読み進めるのに苦労しましたが、途中から抵抗なく読めるようになりました。薄かったのも良かったのかもしません。

読みながら思っていたのは、これは当時のイギリスの歴史を知っているとより一層楽しめるかもしれないなと。今回はスコットランドが舞台でした。なぜシェークスピアがこの作品を書いたのか、なぜこの作品が当時のイギリスでは人気だったのか。こういったことを知っていくとより物語の深みが分かるんでしょうね。

巻末に当時のイギリスついて解説があったので載せてみます。

 

『マクベス』初演時のイギリス

 シェークスピアが生まれたときはエリザベス1世の治世で後期から末期辺り

      ↓

 エリザベス一世が崩御した後、スコットランド王だったジェームズ1世がイングランド国王にもなる(同君連合)

 ※登場人物の一人、バンクフォーはジェームズ1世の祖先にあたるとされている

 

 

古典文学初心者の私には表面上のセリフを読むだけで精一杯でしたが、後でこういった解説を読むと、「このセリフにはこういった背景があったんだな」ということが分かってより楽しめました。

 

内容の感想としては、誰もが完璧な人間ではないんだということを思いました。

マクベスも最初は人気のある誠実な騎士でしたが、野心にかられていくと疑心暗鬼になり罪のない人々を殺していく暴君となってしまいます。

マクベス夫人が彼を王にするために唆していくのも、より一層暴君になっていった要因の一つだと思います。

マクベス夫人も最期は狂ってしまったの中で死んでしまいましたが、きっと最初から悪い人ではなかったのでしょう。マクベスのことを弱気な人だと言っていたように、きっと自分がマクベスを叩きつけ鼓舞しないと彼は王になれないのだと思ったからこその言動だったのかなと。(あくまでも私の推測です)

うーん、難しいです。

 

 

終わりに

 

古典文学というのは訳者によっても大きく変わるのかなとも思いました。

有名?な「きれいはきたない。きたないはきれい」というセリフもありませんでしたし。(あったらすみません)

今回は光文社を選びましたが、次は新潮社を読んでみたいです。

 

 

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村