千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や美術館、ライフスタイルのことも

『ライオンのおやつ』 小川 糸

今回読んだのは、小川糸さんの『ライオンのおやつ』。

 

ライオンのおやつ

 

☑2020年本屋大賞ノミネート作品

 

あらすじ

 

ガンで余命申告された海野雫、33歳。彼女は残された日々を、瀬戸内の島のホスピス「ライオンの家」に入ることを決意する。そこでは、週一度日曜日の午後3時のお茶会で、もう一度食べたいおやつをリクエストすることが出来る「おやつの時間」がある。

管理人のマドンナや入居者たちと出会い、雫はどのような最期を迎えるのか。毎日を丁寧に生きたくなる物語。

 

 

印象的な言葉

 

死を受け入れるなんて、そう簡単にできることではなかった。私は自分で、自らの死を受け入れたつもりになっていた。でも、そうじゃなかった。(中略)でも、本当の本当のところでは、まだ死にたくない。私は、もっと生きたい。

     『ライオンのおやつ』(ポプラ社) 小川糸 より

 

生きることは、誰かの光になること。

     『ライオンのおやつ』(ポプラ社) 小川糸 より

 

 

 

 

感想

 

この物語は「終末医療」がテーマとなっています。

想像していた通り泣きました。しかも序盤から泣きました。

33歳というのは今の私の年に近いです。もし、今自分が余命申告されたらどういう気持ちになるのか想像さえ出来ません。

ホスピスに入った当初の雫は、自分が死ぬことについてどこか達観していた様子で冷静でした。だけど、入居者たちの「死」などに触れていくことで、自分の心と向き合っていきます。漫然と死を迎えるのではなく、最後の最後までその人らしく生きてこその死があると雫は気付きます。

そして、彼女の最後の言葉は「ごちそうさま」でした。

この物語は若い女性の死を、丁寧に、残酷に、そして暖かく描いているように思いました。だから彼女の亡くなったあとも、残された登場人物だけでなく私も、悲しみだけでなく心温まる気持ちになったのかもしれません。

「どう死ぬか」ではなく、雫みたいに「どう生きるか」を心に留めながら日々を過ごしていきたいです。そして、人生の最後のおやつも一緒に考えていきたいです。

 

終わりに

 

悲しいけどとても優しいお話でした。「生きる」こと「死ぬ」ことについて深く考えさせられました。今生きていることに感謝しながら、毎日を丁寧に過ごしたいと思います。

 

 

↓ ブログ村ランキング参加しています。面白かったらクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村