千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や美術館、ライフスタイルのことも

2020年目標★

あけましておめでとうございます。

皆さんはどのようなお正月を過ごされましたか?

私はお互いの実家に帰省して、ダラダラと過ごしていました。

おかげさまで主婦らしいことを何一つ出来ていないので、本日から通常業務(笑)に戻ろうと思います。

 

さて、今年の目標をブログに載せてしまいます。皆さんに見てもらうほうがやる気が出るかなーと思いまして。目標はたくさんあるのですが、ここにはブログに関することを挙げますね。

 

 

1.ブログの形を確立する

見切り発車で始めたこのブログ。試行錯誤しながら本の感想を挙げていますが、CSSのことをちゃんと調べて、書く力も上げて、今年中に自分なりのテンプレートが出来れば良いなと思います。

本当は、デザインとかもちゃんとして1月から始める予定だったんですが、あるブログに「デザインよりもまずは文章力を上げろ。上げるには書くしかない」というのを見て、とにかく書こう!と思って始めてみました。

確かに、自分がこんなに書けない人間だったとは、と愕然としました。日本語としての文法が間違っていたり、語彙力がなかったりと中身の問題もそうですが、なんせ、1冊の本に対して長い文章が書けない!小学校の読書感想文ってよく書けてたな~と感心しちゃう(笑)

1年を通して、自分の書く力がどれぐらい上がるのか楽しみです。(変わっていなかったらどうしよう?(笑))

 

2.小説以外の本を読む(月1冊)

「幅広い知識を増やす」ということを大まかな目標にしているので、具体的な目標を出してみました。
言い訳をすると、節約のために本は買わずに図書館で借りるということがほとんどですので、自然と小説ばかり読んでいたんです(ゴニョゴニョ)。どうしてもビジネス書だと書き込みたくなるし(ゴニョゴニョ)。
ですが、今年は本の予算を組んだので、最低月1冊は実用書・ビジネス書を購入して読もうと思います。暮らしや料理本は含みません。出来れば読み応えのある本が良いですが、読み慣れていないので最初は薄い本から始めようかな。

 

 

3.古典を読む(年間6冊)

古典というと幅広いんですが、シェイクスピアとか最近?だと太宰治とかとにかく古典文学といわれている本です(早速語彙力のなさを露呈する奴)。

ビジネス書以上に抵抗のある古典文学・・・。読もう読もうと思いながらも、いつも手を伸ばせずにいるジャンルです。流石に月1冊はしんどいので、年間で6冊にしてみました。世界文学のほうが読みやすいと思っているので、イギリス辺りがメインになるかな。。。(以前、ドストエフスキーの『罪と罰』を読みましたがしんどすぎて、ロシア文学には苦手意識があります)

これも実用書同様、比較的読みやすいものを読んでいこうと思います。

 

 

(番外編)年間120冊読む

まぁ、これに関しては絶対達成したい目標ではないですが、指針として挙げとこうかなと。昨年は149冊でした。最後のほうは暮らしに関する本が多かったので、それが冊数が伸びた要因です。すぐに読み終わりますからね。

今年は読みなれていないジャンルに挑戦するので、下がるだろうなと思っています。

でも、量より質だと思っているので、じっくり読んでいく予定です。

 

 

 

多くはないですが、目標を挙げてみました。

今年はどんな年になるのかな。