千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や美術館、ライフスタイルのことも

小説

『火狩りの王 [三]』 日向 理恵子

今回読んだのは、日向理恵子さんの『火狩りの王』の第3巻。 火狩りの王〈三〉 牙ノ火(3) posted with ヨメレバ 日向 理恵子/山田 章博 ほるぷ出版 2019年11月12日 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 首都での戦いが始まった。炎魔や蜘蛛に必死に対抗す…

『七月に流れる花/八月は冷たい城』 恩田 陸

今回読んだのは、恩田陸さんの『七月に流れる花』と『八月は冷たい城』。 七月に流れる花 posted with ヨメレバ 恩田 陸 講談社 2018年09月20日 楽天ブックス Amazon Kindle 八月は冷たい城 posted with ヨメレバ 恩田 陸 講談社 2018年10月24日 楽天ブック…

『終りなき夜に生れつく』 恩田 陸

今回読んだのは、恩田陸さんの『終りなき夜に生れつく』。 終りなき夜に生れつく posted with ヨメレバ 恩田 陸 文藝春秋 2020年01月04日 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 『夜の底は柔らかな幻』の前日譚を描いたスピンオフ短編集。 登場するのは本編…

『夜の底は柔らかな幻 上下』 恩田 陸

今回読んだのは、恩田陸さんの『夜の底は柔らかな幻』。 夜の底は柔らかな幻 上 posted with ヨメレバ 恩田 陸 文藝春秋 2015年11月10日 楽天ブックス Amazon Kindle 夜の底は柔らかな幻 下 posted with ヨメレバ 恩田 陸 文藝春秋 2015年11月10日 楽天ブッ…

『僕の殺人』 太田 忠司

2019年もそろそろ終わりに近付いてきました。年内最後に読む本を何にしようか考え中。 年内にあと何冊読めるかな。今回読んだのは、太田 忠司さんの『僕の殺人』。僕の殺人 (徳間文庫)作者:太田 忠司出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2017/03/03メディア: …

『夢の花、咲く』 梶 よう子

今回読んだのは、梶よう子さんの『夢の花、咲く』。 夢の花、咲く 作者:梶 よう子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/07/11 メディア: Kindle版 西洋ファンタジーが大好きな私ですが、時代小説も好きなんです。その中でよく読むのがこの梶よう子さん。…

『カクテル・カルテット』 小手鞠 るい

今回読んだのは、小手鞠るいさんの『カクテル・カルテット』。 ([こ]1-4)カクテル・カルテット (ポプラ文庫) 作者:小手鞠 るい 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2010/10/06 メディア: 文庫 ブログを始めてから、今まであまり読んでこなかったジャンルに少…

『ウインクで乾杯』 東野 圭吾

今回読んだのは、東野圭吾さんの『ウインクで乾杯』。 ウインクで乾杯 posted with ヨメレバ 東野圭吾 祥伝社 1992年06月 楽天ブックス Amazon Kindle と、その前に。 Webデザインに詳しくなったら、見出しを付けたり引用を多くしたりして、読みやすいブログ…

『恋にあっぷあっぷ』田辺 聖子

今回読んだのは、田辺聖子さんの『恋にあっぷあっぷ』。 恋にあっぷあっぷ posted with ヨメレバ 田辺聖子 集英社 2012年01月 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 大人の恋愛小説。主婦のアキラは今の生活に満足していたが、隣に越してきた夫婦(夫)と仲…

『ななつぼし洋食店の秘密』日高 砂羽

今回読んだのは、日高 砂羽さんの『ななつぼし洋食店の秘密』。 ななつぼし洋食店の秘密 posted with ヨメレバ 日高砂羽 集英社 2015年11月20日 楽天ブックス Amazon Kindle 凄く久しぶりのオレンジ文庫。 舞台は関東大震災から二年がたった東京。洋食屋を営…

『結婚相手は抽選で』 垣谷 美雨

今回読んだのは垣谷 美雨さんの『結婚相手は抽選で』。 結婚相手は抽選で posted with ヨメレバ 垣谷美雨 双葉社 2014年06月10日 楽天ブックス Amazon Kindle タイトルに惹かれて読んでみました。 あらすじ 少子化対策として国が出したのが「抽選見合い結婚…