千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や美術館、ライフスタイルのことも

 古典文学

【一本の棒から作られた少年の成長物語】|『ピノッキオの冒険』 カルロ・コッローディ

今回読んだのは、カルロ・コッローディの『ピノッキオの冒険』。 ピノッキオの冒険 (光文社古典新訳文庫) 作者:カルロ・コッローディ 発売日: 2017/01/27 メディア: Kindle版 『ピノッキオの冒険』のあらすじ 『ピノッキオの冒険』の印象的な言葉 『ピノッキ…

『マクベス』 シェイクスピア(訳 安西徹雄)

今回読んだのはシェイクスピアの『マクベス』。 マクベス posted with ヨメレバ ウィリアム・シェイクスピア/安西徹雄 光文社 2008年09月 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ マクベスは王からの信頼が厚い豪胆な将軍であった。しかし、3人の魔女が彼の前…