千尋の読書感想文

読んだ本について感想を書いています。たまに映画や美術館、ライフスタイルのことも

 ミステリー

『ノッキンオン・ロックドア2』 青崎 有吾

今回読んだのは、青崎 有吾さんの『ノッキンオン・ロックドア2』。 ノッキンオン・ロックドドア2 posted with ヨメレバ 青崎有吾 徳間書店 2019年11月22日 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 大学時代、同じゼミだった2人が構える探偵事務所「ノッキンオ…

『イヴリン嬢は七回殺される』 スチュアート・タートン

今回読んだのは、スチュアート・タートンさんの『イヴリン嬢は七回殺される』。 イヴリン嬢は七回殺される posted with ヨメレバ スチュアート・タートン/三角 和代 文藝春秋 2019年08月09日 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 目が覚めると私は記憶喪失…

『ラプラスの魔女』 東野 圭吾

今回読んだのは、東野圭吾さんの『ラプラスの魔女』。 ラプラスの魔女 posted with ヨメレバ 東野 圭吾 KADOKAWA 2018年02月24日 楽天ブックス Amazon Kindle 映画化もされて、一時期話題になりましたよね。 当時は予約件数が多すぎて諦めてしまって、そのま…

『タルト・タタンの夢』 近藤 史恵

今回読んだのは、近藤史恵さんの『タルト・タタンの夢』。 タルト・タタンの夢 posted with ヨメレバ 近藤史恵 東京創元社 2014年04月 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ フレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」は、スタッフ四人が働く小さなお店だが…

『警視庁文書捜査官』 麻見 和史

今回読んだのは、麻見和史さんの『警視庁文書捜査官』。 警視庁文書捜査官 posted with ヨメレバ 麻見 和史 KADOKAWA 2017年01月25日 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 警察官の矢代朋彦が、捜査第一課科学捜査係文書解読班(別名「資料保管室」)に配属…

ヒポクラテスシリーズ 中山 七里

今回読んだのは、中山七里さんの『ヒポクラテスの誓い』と『ヒポクラテスの憂鬱』。 ヒポクラテスの誓い posted with ヨメレバ 中山 七里 祥伝社 2016年06月15日 楽天ブックス Amazon Kindle ヒポクラテスの憂鬱 posted with ヨメレバ 中山七里 祥伝社 2019…

『ノッキンオン・ロックドア』 青崎 有吾

今回読んだのは、青崎 有吾さんの『ノッキンオン・ロックドア』。 ノッキンオン・ロックドドア posted with ヨメレバ 青崎有吾 徳間書店 2016年04月08日 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 不可解担当の氷雨と、不可能担当の倒理の2人が構える探偵事務所…

『マカロンはマカロン』 近藤 史恵

今回読んだのは、近藤史恵さんの『マカロンはマカロン』。 マカロンはマカロン posted with ヨメレバ 近藤史恵 東京創元社 2016年12月11日 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ フレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」は、スタッフ四人が働く小さなお店…

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 相沢 沙呼

今回読んだのは、相沢沙呼さんの『medium 霊媒探偵城塚翡翠』。 medium 霊媒探偵城塚翡翠 posted with ヨメレバ 相沢 沙呼 講談社 2019年09月12日 楽天ブックス Amazon Kindle ☑ 2020年本屋大賞ノミネート作品 ☑「このミステリーがすごい!」2020年版国内篇 …

『ドクター・デスの遺産』 中山 七里

今回読んだのは、中山七里さんの『ドクター・デスの遺産』。 ドクター・デスの遺産 刑事犬養隼人 posted with ヨメレバ 中山 七里 KADOKAWA 2019年02月23日 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 少年から警察への一本の電話が全ての始まりだった。「僕のお…

『詩的私的ジャック』 森 博嗣

今回読んだのは、森博嗣さんの『詩的私的ジャック』。 詩的私的ジャック posted with ヨメレバ 森博嗣 講談社 1999年11月 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ S&Mシリーズ第4弾。 萌絵と犀川の通うN大学やその周辺にある大学で密室殺人事件が起こる。 容…

『Rのつく月には気をつけよう』 石持 浅海

今回読んだのは、石持浅海さんの『Rのつく月には気をつけよう』。 Rのつく月には気をつけよう posted with ヨメレバ 石持浅海 祥伝社 2010年09月 楽天ブックス Amazon Kindle あらすじ 大学時代からの友人湯浅夏、長江高明、熊井渚。毎回新しいゲストを一人…

『僕の殺人』 太田 忠司

2019年もそろそろ終わりに近付いてきました。年内最後に読む本を何にしようか考え中。 年内にあと何冊読めるかな。今回読んだのは、太田 忠司さんの『僕の殺人』。僕の殺人 (徳間文庫)作者:太田 忠司出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2017/03/03メディア: …

『ウインクで乾杯』 東野 圭吾

今回読んだのは、東野圭吾さんの『ウインクで乾杯』。 ウインクで乾杯 posted with ヨメレバ 東野圭吾 祥伝社 1992年06月 楽天ブックス Amazon Kindle と、その前に。 Webデザインに詳しくなったら、見出しを付けたり引用を多くしたりして、読みやすいブログ…